Rバンクのシェアハウスとは

ホーム >  Rバンクのシェアハウスとは

Rバンクのシェアハウスとは

物件新着情報 シェアハウスは欧米ではポピュラーな賃貸スタイルであり、諸外国の女性は、ゆとりある暮らし方を皆で共有しています。 日本人の女性にも、ファッションや小物だけではなく、暮らし方でも、おしゃれな空間を堪能し、共有してほしいという想いから「R バンクのシェアハウス」は誕生しました。 R バンクでのシェアハウスは女性専用に特化し、ご案内から入居後のご相談窓口、清掃サービスに至るまで女性スタッフが対応します。 シェアメイトは皆、「ただいま」「おかえり」「いってきます」「いってらっしゃい」とあいさつにはじまり、共にくらし、共に励ましあい、共に刺激をうけ、【第二の家族】になると皆、口を揃えて言っています。 メディアからの注目度も高く、テレビや雑誌にも多く取り上げられているR バンクの「安心・ゆとり」のシェアハウス。みなさんも、シェア生活をスタートしませんか?

安心・安全

  • 女性専用 家ではくつろいでいただきたい。女性のための設備・セキュリティを充実させています。
  • 警備付 緊急ボタンを押すと警備スタッフが駆けつけてきます。(一部シェアハウスを除く)
  • シャーロックのカードキー・個室鍵付 コピーやピッキングの出来ない、カードキーを採用しています。(一部シェアハウスを除く)
  • 女性スタッフが運営・管理 安心して暮らして頂けるよう、Rバンクのスタッフも清掃スタッフも女性のみで対応いたします。

  • 清掃サービス わずらわしい掃除当番がありません。お風呂やトイレなども清掃スタッフが掃除いたします。
  • 充実した水回り設備 人数に対し、十分なトイレ・シャワーブースをご用意することにより、ご満足頂いています。
  • バスタブをご用意 女性にとって大切な入浴の時間。ゆっくりお湯につかることができます。
  • 乾燥機能付洗濯機 コインランドリーではないので、時間制限もなく費用もかかりません。乾燥機能付。
  • インターネット利用可能 各個室で利用できます。料金も共益費に含まれ、プロバイダーとの手続きも不要です。
  • 宅配ボックス、個別郵便受け 不在時の宅配にも困らない宅配ボックスや、個別郵便受けのあるシェアハウスもございます。(一部シェアハウスを除く)

こだわり・叶えられる暮らし

  • 「洒落感」 空間コンシェルジュと建築家による設計が、心地よくデザイン性の高い「洒落感」を創造します。
  • 「共同」と「響同」 様々な職業や思想のシェアメイトからの刺激による「共同」、そして「響同」の実感を得て下さい。

シェアメイトの声

  • 仕事柄、日本と海外を行ったり来たりする事が多く、日本ではホテル暮らしが続いていました。ホテル暮らしはお金もかかるし、味気なく、ただ寝に帰るだけの生活に閉鎖感を感じていたところ、知人よりシェアハウスについて聞きました。早速、インターネットで物件を探すとお洒落で1階にはカフェの入っている素敵なシェアハウスを見つけたので、すぐに見学にいき、その日の内に申込んでしまいました。その後、周囲の家族や友人からの心配をよそに、半年だけと決めていた入居日数もあっという間に超えてもう一年になります。広々とした共有リビングや水回り、清掃サービスやセキュリティ等の便利さになれてしまいすっかり住みついています。初めてシェアハウスに住む方でも、こういうシェアハウスはお勧めできます。

    シェ・モア飯田橋 シェアメイト Tさん

  • 以前住んでいたのは世田谷区の閑静な住宅街で駅からも近い1ROOMマンションでした。ところが住み始めてからしばらくすると隣の部屋の男性にバルコニーから覗かれたり、ドアの隙間から手紙をいれられる事が多くなりました。これ以上、エスカレートしては危険だと思い、即お引越しを決意。インターネットで検索したのですが、やはり条件にこだわると家賃が高く、礼金や仲介手数料と言った費用もかさんでしまいます。必死に検索して見つけたのがRバンクのシェアハウスでした。海外に留学していたころは住んでいたのですが、日本でシェアハウスがあることも知らず、どんなものかと見学してみると、利便性の高さに加えて、セキュリティの高さデザインされたゆとりのある住空間に驚きました。そして、何よりスタッフの皆さんの温かく誠実な対応にその場で入居を申込みました。実際に住んでみて、なにより安心して暮らせていますし、女性の目線でゆとりある生活を送れるようにして考えられた環境なのでお嫁に行くまでここにいたい。と今は考えています。

    花街sibuya シェアメイト Kさん

ページトップへ