Rバンクのシェアハウスとは

ホーム >  オーナー様に合わせたご提案

オーナー様に合わせたご提案

不動産をお持ちの方でシェアハウスを創りたい方

シェアハウスは単身者向けの住居であるため、ワンルームマンションと同じように駅からの距離等の利便性が整う立地に向いています。
また、弊社では不動産の再生を行う企業として、多くのパターンからのシェアハウスへの転用を経験しております。単純に建物を転用するのではなく、第三者機関による建物検査を行うことにより、建物の傷みや耐久性を把握したうえで投資適格であるかどうかを考慮して再生のお手伝いをしています。
それにより、運営する期間内に投資コストに見合うだけの収益が得られるかどうかのご提案をさせて頂いております。お持ちの不動産でシェアハウスを運営したいと考えられているかたは、ぜひ、ご相談ください。

▼こんな不動産にお勧めです・・・

  • 普通の戸建をシェアハウスとして貸したい
  • 再建築不可の建物をシェアハウスとして再生させたい
  • エレベーターのない、老朽化したビルを利用したい
  • 自社ビルの1フロアを有効に活用したい
  • 老朽化したアパートやマンションの利回りを上げたい
  • 変形した土地や狭小地等、使いづらい土地を有効に使いたい

Rバンクのコンサルティングチャート

1.ご相談⇒2.不動産調査⇒3.初期レポート(無料)⇒4.コーディネート契約⇒5.建物検査(既存の建物がある場合)⇒6.事業計画提出⇒7.融資の斡旋(必要な場合)⇒8.設計・施工会社の選択⇒9.改修(新築)工事⇒10.入居者募集⇒11.入居者・建物管理

Rバンクにお問い合わせする

これから不動産を購入してシェアハウスを作りたい方

シェアハウスに活かす不動産から探している方は、物件探しからお手伝いをさせて頂いております。古い戸建を購入しリフォームでシェアハウスにしていく以外にも土地から新築を建てる、自宅兼シェアハウスを作る等、複数のパターンが考えられます。
また銀行融資については、まだまだシェアハウスについての理解を頂いている金融機関は少ない状況です。重要なのは綿密な事業計画と金融機関を説得できる材料を多く持つことにあり、それも踏まえて、Rバンクではコーディネートをさせて頂いております。まずは、お気軽にご相談下さい。

Rバンクのコンサルティングチャート

1.ご相談⇒2.物件探し⇒3.不動産調査⇒4.初期レポート(無料)⇒5.不動産売買契約⇒6.コーディネート契約⇒7.建物検査(中古建物がある場合)⇒8.事業計画提出⇒9.設計・施工会社の選定⇒10.改修(新築)工事⇒11.入居者募集⇒12.入居者・建物管理

Rバンクにお問い合わせする

現在シェアハウス・ゲストハウスの運営をされている方

既にシェアハウスやゲストハウスを運営されているオーナーや法人からも、最近よくお問い合わせを頂いております。中でも管理運営に関する相談が多く、管理会社とのトラブルや稼働率の低さ、自主運営における苦労から管理の依頼を受ける事が多くなっています。

Rバンクでシェアハウスの管理運営を引き継ぐ際には、シェアハウスのブランドイメージを保つtために、インテリアや設備のご提案・女性専用という内容ついて、ご理解をいただく事が前提となっております。

また、自主運営のサポートとして、Rバンクで行なっている募集・管理システムを有料でご提供させて頂いております。

 

お困りのオーナー・法人の方は、お気軽にご相談ください。

Rバンクにお問い合わせする

Rバンクのシェアハウスメディア掲載事例

TV

  • 日本テレビ「news every」
  • テレビ東京系「ワールドビジネスサテライト」
  • NHK「おはよう日本」「夕どきネットワーク」

雑誌

  • LIVES
  • BI-DEN
  • AERA
  • SUUMO
  • pen
  • 日経TRENDY

新聞

  • 日本経済新聞
  • 朝日新聞
  • 読売新聞
  • 週刊住宅
  • 全国賃貸住宅新聞
  • 住宅新報
ページトップへ